『 不採用の法則 』

面接後の不採用は、転職者にとって書類選考で落とされるよりショックな出来事だ。書類はパスしたはずなのに、会ったとたん何故。はっきり思い当たる節があればまだいいのだが、考えても分からない場合は、自分を余計に責めてしまいがちである。中には自分の人間性まで疑って落ち込む人もいる。

だから、もし不採用理由を聞ける環境にあるなら、まず尋ねてみた方がいいと私は思う。私も面接を手掛けた転職者に頼まれれば、不採用理由をフィードバックしている。憶測で敗因を振り返るより遥かに建設的だと思うからだ。

確かに、聞かされて良い気持ちのする不採用理由はない。面接後の不採用理由は、特徴として感覚的なものに傾きがちだから尚更だ。経歴やスキル面での合否は書類段階でほぼ決定し、面接では人物像を見る企業が多い。「優秀だが傲慢に感じた」等、益々ショックな理由を聞かされることもある。

だが面接がどちらかというと感覚的である分、企業自身が不採用理由を言語化できない場合も多い。「いい人なのですが、なんとなく社風に合わない気がする」という理由がその代表例だろう。こうした不採用理由はあまり気にしなくていいと思う。誰が悪いのでもなく、単純に相性が合わなかったのだ。

また企業自身の準備不足が不採用理由に表れることもある。「面接してみると、もう少し違った人材が欲しくなった」という理由で採用されない場合もある。当初募集していた人材像が曖昧またはズレていたことに、企業が面接の後で気付くのである。この場合は完全に転職者側に非はない。

一口に不採用と言っても、その中身は千差万別だ。自分が選ばれないと、私たちは自分に欠点があると考えてしまう。自省は確かに大切だ。しかし“選択される”機会が増えるこれからの時代は特に、選ばれなかった理由を明白にしてから自省する方がいいと私は思う。不採用がイコール否定ではない。自信を失わず、選ばれないことを恐れず挑戦していきたいものだ。