『 イメージと現実の法則 』

「なんだか最初に言っていた事と話が違うんです」。もと大手生保マンのYさん(27歳)が、転職したての会社からこっそり電話をかけてきた。オフィスでその電話を受けながら“ああ、やっぱりなあ”と私は思ったのだった。

Yさんは我々のオフィスの登録者だったが、同時にネットや転職雑誌から求人企業に自己応募もしていた。我々もYさんに転職先を紹介していたものの、最終的に彼が選んだのは転職雑誌に載っていた企業だった。それ自体は結構な事なので、私も彼の転職先について相談に乗っていたのだが…。Yさんの転職先での仕事内容はスタッフトレーナー。パソコン操作やビジネスマナーなど、社会人としての初歩的なスキルを新人スタッフに身に付けさせる仕事だ。生保で外交員を管理していたYさんにしてみれば、経験が活かせる職務ではある。しかしその話を聞いた時、私は「やめておいたほうがいい」とYさんに言ったのだった。通常なら契約や派遣で採用する専門職なので、社内で先々ポジションを確保していけるとは思えない。その会社がYさんのキャリアプランについてどう考えているのか聞いたほうがいい、と。Yさんは釈然としないようだった。「私が志望していた、人を教える仕事ですから…」。Yさんは結局、自分の処遇についてよく確かめないまま転職していった。

「まだ入社して半年なのに、いきなり営業にまわされたんです」。電話口の向こうで、Yさんは私にこぼすのだった。おそらく、スタッフトレーナーでの採用はYさんに対する方便で、本当は最初から営業にまわすつもりだったのだろう。自分一人で転職活動をする場合、転職者は相手先の企業が言うことを一人で吟味していくしかない。会社の方針や仕事内容の真実を最初から明らかにしてくれる企業も少なくないが、そうでない場合、転職者は自らの責任で企業を見極めていくしかないのだ。うわべのイメージでなく、自分が志望する仕事や業界の現実を、私たちは知っておく必要がある。

仕事に不明な点が多いと感じれば、志望職の具体的な業務を、1日のタイムスケジュール仕立てで面接官に説明させる。キャリアプランが明確でないと感じれば詳しい説明を求める。これだけでも結果は随分違ってくるはずだ。ただ、“おかしい”と感じるには、それだけの予備知識が必要なのだ。言ってみれば“世間を知っているか否か”が重要なのである。Yさんのみならず、漠然とした印象だけで転職先を決めてしまう人は意外と多い。気分のいい情報でなく、自分の行く先に穴はないかという観点でも、情報を吟味してほしいのだ。

ところで、Yさんは、今もその会社で営業職を続けている。バイタリティはある人なので、騙されたとグチをこぼしながらも、けっこう頑張っているようなのだ。このたくましさがあればYさんの今後に心配はないだろう。