『 人材紹介会社活用の法則 』

人材紹介会社に行きさえすればきっといい転職先がある、という期待をしてもダメである。確かに我々コンサルタントは転職者のみなさんに出来る限りの対応をしているが、「紹介会社は何でもしてくれる万能アイテム」と思われても正直困るのだ。例えば、紹介会社に人材登録しているみなさん、またこれからするかも知れないみなさんは“人材紹介会社を目的に応じて選ぶ・能動的に使い分ける”ことを少しでも考えているだろうか?“有名だから”“広告が目についたから”というだけの気楽さで登録して終わりでは、自分に合った会社を見つけようにも、結局は運任せになってしまう。

人材紹介会社の活用の仕方が上手い人は、転職先そのものの情報収集だけでなく、人材紹介会社の情報収集も驚くほどしっかりやっている。法律の改正以後、世間には星の数ほどの人材紹介会社ができたが、その中から信頼できる会社・目的に添った会社をピックアップしているのだ。人材紹介会社は、大きく分けて2つのタイプに分類できる。ひとつは規模やネームバリューで勝負し、各業界・職種をオールラウンドにカバーする会社。もうひとつは、特定業界・職種への特化を強みとする小規模会社である(大手でもそれぞれ得意とする業界がある)。最も単純な比較検討法では、複数の会社に登録しその対応を比べる方法があるが、用意のいい人はそれだけで終わらない。自分の目的に即した紹介会社のリストを、電話やインターネットで丹念に作っていたりする。また転職したい業界各企業の経営陣に直接アクセスできるツテを持っている紹介会社かどうかを、電話で問い合わせてきたりもする。

不思議なことだが、そうしたことに気を遣える人は、必ずと言っていいほど仕事もできる人である。自分の欲しい情報がその会社で得られるということを、シビアに調べた上で来社する分、話もスムーズかつ合理的に運ぶ。人材紹介会社を“使う”のではなく“能動的に活用する”という考えでコンサルタントに接するため、信頼関係も早い段階で確立できる。つまりそれだけ、突っ込んだ情報交換を行ないやすくなる。望みや理想をただ抱くだけで終わるのではなく、目的を達成できる環境を、いかに自ら整えるか。今までの仕事のやり方が実は、転職準備という細かい所にも如実に出てくるのだ。

実際にはみなさんが、紹介会社リストまで準備する時間的余裕を持たないとしても・・・。複数の紹介会社に登録し、対応の誠実な会社を選ぶことだけはしておいた方が良い。最低限、自分の信頼できるコンサルタントを見つければ、遥かに有意義な転職活動ができると思うのだ。とは言え私の実感では、紹介会社の活用に手慣れた人が着実に増えてきている。転職慣れしているというのではなく、働く人々がそれだけ賢くなったということだろう。厳しく選別される分、我々コンサルタントもいい加減な仕事はできないと改めて思う。